脳の機能と心と体の健康脳科学に基づく脳が老化しない習慣

脳科学

脳科学に基づく脳年齢診断や脳が老化しない習慣をご紹介
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
タッチゲーム-FollowTheOrder
  

脳科学の概要

   脳科学 のうかがく とは、ヒトや動物の脳の構造と、脳の機能について研究する学問分野のことです。 ここ数十年、高精度に脳の活動を高精度に測定する方法が開発されたため、これらの測定機器を使用することにより、飛躍的に進歩を遂げました。 しかし、脳の機能は非常に硬度かつ複雑であり、解明されているのは、ほんの一部の機能でしかありません。
心の働きは、全て脳の機能によるものですから、統合失調症やうつ病などの心の病を理解し、根本的な解決法を見出すには、 脳の機能を理解することは欠かせないでしょう。 また、うまくストレスを発散したり、受験のために記憶力を高めたりするためにも、脳の機能を理解することは重要でしょう。 本サイトでは、脳の構造や、解明されている脳の機能について、ご紹介して行きましょう。

脳科学の目次

1. 脳科学の発展

  近年の脳科学の発展について論文やニュースからご紹介します。

2. 脳の構造と脳の機能

  知性、感情、意思という精神の働きのみならず、食欲、性欲などの欲望や、痛い・熱いといった感覚などの動物的な本能は、全て脳の機能によるものです。ここでは、脳の構造図を基に、脳の構造と脳の機能を詳しく解説します。心の働きは、全て脳の機能ですので、心の病を理解する際には脳の機能を理解することが大切です。

3. ニューロンによる情報伝達

  ニューロン(神経細胞)では電気信号と化学信号により情報が伝達されます。『考える』や『記憶する』という行為は、この情報伝達ネットワークの働きにより機能します。

4. ストレスが脳に及ぼす影響

  ストレスは視床下部でコントロールされ、最終的に副腎皮質からグルココルチロイドというストレスホルモンが分泌されます。このストレスホルモンは、海馬・扁桃体・前頭前野に重大なダメージを与えます。

5. 脳と五感

  人は外界の出来事を察知するため、五感、即ち、視覚、聴覚、触覚、味覚および嗅覚を駆使します。脳の高次機能を駆使することにより、人の顔や表情を見分けたり、にぎやかなパーティー会場で目の前の人の話を認識したりします。

6. 体内時計のメカニズム

  哺乳動物はほぼ24時間周期の体内時計、即ち概日リズム(Circadian Rhythm)を持っています。 そして、このリズムを崩すと、不眠症などの障害を起こします。 飛行機で海外に出かけると時差ぼけを起こすもの、赤ちゃんが夜泣きするのも、この体内時計の乱れによるものです。

7. 脳年齢テスト

  人生を長く楽しく過ごすには、体を若く維持するだけではなく、脳も若く維持しておく必要があるでしょう。脳は上手に鍛えれば、いつまでも若く維持できます。あなたの脳年齢を診断してみましょう。
最終更新日:2011年7月23日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。