脳の機能と心と体の健康脳科学に基づく脳が老化しない習慣

ストレスが脳に及ぼす影響

ストレスは海馬・扁桃体・前頭前野に重大なダメージを与えます
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
タッチゲーム-FollowTheOrder
  

ストレスが脳に及ぼす影響

   ストレスはホルモンの中枢と呼ばれる 視床下部によりコントロールされます。 即ち、何らかのストレスが加わると、視床下部から副腎皮質ふくじんひしつ刺激ホルモン放出ホルモン (Corticotropin releasing hormone: CRH)が分泌され、 これが、下垂体に作用し、副腎皮質刺激ホルモン(Aadrenocorticotropic hormone: ACTH)が分泌されます。 さらに副腎皮質刺激ホルモンが副腎皮質に働きかけて、グルココルチコイドと呼ばれるストレスホルモンが分泌されます。
   適度なストレスであれば、グルココルチコイドは海馬あるいは扁桃体の受容体に作用し、我々の気持ちや意欲を刺激することにより、学習機能を高めてくれます。 しかしながら、過度なストレスが長期に渡って加わり、グルココルチコイドが過剰に分泌されると前頭前野、海馬あるいは扁桃体を傷つけ、 作業記憶(メモを取るまでの記憶等、ごく短期の記憶)や学習機能を著しく低下させてしまいます。
   ところで、我々は記憶と忘却を繰り返していますが、これは全て海馬や大脳皮質にあるニューロンのシナプスによるネットワークの強化と抑圧によるものです。 情報はニューロンの軸索を電気信号として伝わりますが、 これの電気信号がシナプスに到達すると神経伝達物質が放出され、化学信号として隣のニューロンに伝達され、 ニューロンの活動電位が急激に高まります(これをニューロンの発火と呼びます)。 そして、同時に複数のニューロンの複数のシナプスが活性化されることにより、一連のネットワークが強化され、記憶となる訳です。 この強化を長期増強(Long Term Potentiation: LTP)と呼びます。
   また、LTPだけでは、無限にシナプスが必要となり、そのうち新しい情報を学習することができなってしまします。 弱い電気信号がシナプスに到達しても、隣のニューロンが発火しない場合があります。 このときにはシナプスの結合が弱くなり、忘却となる訳です。 これを長期抑圧(Long Term Depression: LTD)と呼びます。 もちろん、新たなシナプスの生成や、古いシナプスの消滅も繰り返されていますが、LTPやLTDを含め 『シナプス可塑性かそせい』と呼びます。 このシナプス可塑性は、文字通りシナプスの加工のしやすさ、即ち、脳の柔軟さ・若さを表す一つの指標になる訳です。
   グルココルチコイドにより前頭前野、海馬と扁桃体が傷つくと、シナプ可塑性が阻害されてしまいます。 そして、前頭前野は、作業記憶の機能がありますので、短期記憶が阻害されます。 また、海馬は大脳皮質と共に、記憶生成に直接影響し、扁桃体も海馬のLTPに影響を及ぼすことが知られていますので、 学習機能を著しく低下さ、時には記憶障害を引き起こすこともあります。

ストレスホルモンの分泌を抑制する方法

   前項で、ストレスホルモンの分泌メカニズムが、 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)→副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)→グルココルチコイド(ストレスホルモン) であることを解説しました。 これから、ストレスホルモンの過剰分泌を抑制するためには、CRHの分泌を抑制すればよいことがわかります。 ここでは、CRHの分泌を抑制する方法をいくつかご紹介しましょう。
   脳細胞の増加には不可欠な神経系のタンパク質である 脳由来神経栄養因子のうゆらいしんけいえいよういんしく(Brain Derived Neurotrophic Factor: BDNF) の増加により、CRHの分泌を抑制する働きがあることが知られています。そして、この BDNF を増やすには、以下の項目が効果的です。 また、直接CRHの分泌を抑制する方法としては、以下の項目が効果的です。 恋愛による性ホルモンの増加は、BDNFをアップすることによる効果だけではなく、 直接CRHの抑制にも働きますので効果抜群ということですね。 一般的にストレス解消に効果があると言われる方法が、脳科学的にも正しいことが証明されつつあります。
最終更新日:2011年3月16日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。