脳の機能と心と体の健康美肌栄養素と美肌成分で肌のターンオーバーを活性化

超美肌を作る美肌効果成分

ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)・EGF(上皮細胞成長因子)・ヒアルロン酸
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
神経衰弱
  

超美肌を作る美肌効果成分

   美肌を作るためには体の栄養や睡眠も大切ですが、効果の高い基礎化粧品でスキンケアをすることも大切です。 最近、従来の常識を覆す効果の高い基礎化粧品が次々と誕生していますが、 個人の肌の状態により、必要な成分は異なってきます。 本ページでは、美肌を目指す方が、是非とも把握しておくべき、美肌効果成分についてご紹介しましょう。

新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ) - 真皮まで浸透しやすく改良された美肌効果成分

   ビタミンC が美肌を作るために効果的というのは、以前から良く知られています。 また、肌からビタミンC が供給できる基礎化粧品も比較的良く知られています。

従来のビタミンC誘導体の問題点

   従来のビタミンC誘導体では、イオン導入しないと真皮まで十分にビタミンCを届けることが出来ませんでした。 ここで、イオン導入とは、イオントフォレーシスとも言いますが、皮膚に微弱な電流を流すことにより、 ビタミンC誘導体など、水溶性の薬物や栄養素を皮膚内に効果的に導入する方法です。 イオン導入によりビタミンC誘導体を皮膚内に送れることは良いのですが、皮膚に電流を流すための高価な美顔器が必要であり、 また電流による肌の刺激も問題になることがあります。

肌に浸透しやすい新型ビタミンC誘導体APPS

   最近、注目されているのが新型ビタミンC誘導体APPSです。 従来のリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えることにより、 従来の水溶性ビタミンCの即効性に加え、油溶性ビタミンCの特徴を活かして、10倍~100倍も真皮まで浸透しやすくしています。 また、従来のビタミンC化粧品は、塗った後のつっぱり感やべたつき感、あるいいは皮膚の乾燥や刺激が指摘されていましたが 新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)では、この点が大幅に改善されました。 美容皮膚科や医療機関で注目されているこの新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ) 高い効果と低刺激を両立させたAPPS(アプレシエ)は、色素沈着、しわ、ニキビを改善し、肌のハリとツヤを引き出すすばらしい美肌効果成分なのです。

EGF(上皮細胞成長因子) - 基底層の細胞分裂を起こす美肌効果成分

   EGFは皮膚再生因子と呼ばれるタンパク質の一種で、細胞を再生・成長させるという人間が本来持っている成長因子の一つです。 表皮の基底層にある EGFレセプターに結合することで、細胞分裂を起こすよう働きかけます。 しかし、EGF の分泌量は、加齢のより減少してしまうことが、肌の老化に深く関係していることが解明されました。

EGF が EGFレセプターまで届くかどうかは微妙

   近年、EGF を配合した化粧品が人気を集めていますが、 EGF は、アミノ酸が 53個つながったもので、分子量 6,000 と、かなり大きな分子です。 あくまで皮膚科学の一般論ですが、皮膚を通過するのは、分子量 1,000~5,000 程度までとされています。 このため、健康な普通の皮膚の場合、EGF が基底層にある EGFレセプターまで届くかどうかは微妙な所でしょう。

EGF を配合した化粧品はピーリング後が効果的

   最近は、家庭でもピーリングできるピーリング石鹸などが手軽に利用できるようになりました。 ピーリング後であれば、肌に浸透し、EGFレセプターまで届くき、老化の歯止めに効果を発揮する可能性があると期待できます。 EGF に限らず、美肌効果成分の含まれた化粧品は、汚れや角質やをしっかりケアした状態で使用することにより、美肌効果成分はより浸透し、より美肌効果を発揮します。

フラーレン(Fullerene) - アンチエイジング効果の高い美肌効果成分

フラーレン(Fullerene)
C60フラーレン
   フラーレン(Fullerene)とは、多数の炭素原子で構成されるクラスターの総称です。 炭素原子14個のダイヤモンド及び6個のグラファイトなどがありますが、ここで着目するフラーレンは 1985年に最初に発見された炭素原子60個で構成されるサッカーボール状の構造を持ったC60フラーレン(右図)です。 この発見により、H. W. Kroto、R. E. Smalley、R. F. Curlの3名は、1996年にノーベル化学賞を受賞しました。

C60フラーレンの強い抗酸化力でアンチエイジング


Dr.わかば社の フラセラ
ディープバイタルCセラム
   C60フラーレンが、スキンケアおよびスキンキュア(肌の治療)に有効だとして注目されるようになりました。 何と、ビタミンCの125倍の抗酸化作用があるというのです。 しかも、比較的分子量が小さいため、ビタミンC より 100倍の肌に浸透しやすい美肌効果成分なのです。 このため、皮膚に容易に吸収され、活性酸素除去、老化防止(テロメア維持機能)、美白効果、セルライト抑制効果、紫外線防御、毛穴引き締め効果 など、非常に多くの美肌効果があり、美肌関係への応用だけではなくエイズやパーキンソン病など様々な難病への応用も期待されるようになってきました (スキンケア関連[1])。
フラーレンを試してみたい方は、Dr.わかば社の 【送料無料】フラセラプレミアムトライアル 1,890円 、 または フラセラ フラーレン高配合 美容液 ディープバイタルCセラム をお試し下さい。

ヒアルロン酸 - 優れた保水性を持つ美肌効果成分

   ヒアルロン酸は、わずか1グラムで6リットルの水分を吸着すると言われている保水性の高い美肌効果成分です。 また、もともと人間の身体に存在する成分ですので、安全ですので、様々な基礎化粧品に利用されています。 皮膚の構造と機能に示した通り、真皮の基質はヒアルロン酸です。 スキンケアでは保湿が大切ですが、保湿のための美肌効果成分として、肌に水分を留めておく成分を補うことが有効です。 高保水効果で角質層のキメをふっくらとさせる効果があるヒアルロン酸は年齢とともに不足傾向ですので、化粧水や美容液で補給してあげると良いでしょう。

低分子ヒアルロン酸がお肌をプルプルにする

マザーリーフの『プルオイスキンローション』
マザーリーフの『プルオイスキンローション』
   ヒアルロン酸の分子量は様々で、通常のヒアルロン酸の分子量は 10万~数100万程度ですので、まず皮膚を浸透することはありません。 これに対し、一般的な低分子ヒアルロン酸は、皮膚に浸透しやすいよう、4,000~8,000 程度の分子量にしていますので、 通常のヒアルロン酸に比較すると肌に浸透する可能性が高い美肌効果成分です。
マザーリーフの『プルオイスキンローション』 のプルオイコラーゲンなら何と、分子量が 400~550 とさらに低分子化されていますので、確実に真皮まで届き、お肌のハリと弾力を強化して、 プルプルのお肌になることは間違いないでしょう。 しかも、ビタミンA, ビタミンC, ビタミンE を配合していますので、 肌のターンオーバーが活発になり、メラニンの生成も抑えてくれます。 こんなに良いこと尽くめの美肌効果成分なのにお手ごろ価格とはうれしいですね。 即効性がありますので、お肌のハリと弾力が衰えてきたと思う方は一度お試し下さい。
最終更新日:2011年7月23日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。