脳の機能と心と体の健康Congnitive Behaviour Therapy

認知行動療法(CBT)とは

認知行動療法(CBT)の核心となるコンセプトは『あなたが考えるように感じる』
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
タッチゲーム-FollowTheOrder
  

認知行動療法(CBT)とは

   認知行動療法(Congnitive Behaviour Therapy: CBT)は、『もしあなたが健康的な考え方をすれば幸せで生産的な生活を送れる』という、実に簡単な原理に基づいています。 また、心理学的な障害を理解し克服するために、科学的・哲学的・行動学的局面を融合したわかりやすい手法ですので、様々な精神障害の強力な治療方法となります。 ここで、認知・行動・療法の各意味は以下の通りです。

認知行動療法(CBT)は科学的にテストされた心の病の治療法

   認知行動療法(CBT)は、うつ病や不安障害の患者に対し、科学的にテストされ、効果が高いと検証された方法であり、それ以外の心の病の患者にも効果があります。 また、抗うつ薬のみによる治療に比較して、認知行動療法(CBT)単独あるいは併用した治療では、再発率が低いのも特徴の一つです。 再発率が低い理由は、認知行動療法(CBT)を学習する過程で、患者自らが自分自身のセラピストとして成長し、 自分の思考過程を正のスパイラルへ転換できるためでしょう。
   認知行動療法(CBT)は、まだ症状が明確に現れてない場合の予防や、症状が軽い精神疾患の初期の治療方法の一環として実施すると、ご本人の思考を改善しやすく効果的のようです。 ただ、うつ病の治療が難しい理由で述べたように、 日本の殆どの心療内科やメンタルクリニックにおける不安障害やうつ病をはじめとする心の病の治療方法は、日本独特の『多剤療法』という悪習慣に基づいています。 このため、精神疾患を急激に悪化させるケースが多々見られます。 精神疾患が悪化してしまうと、認知行動療法(CBT)を実施する気力さえ湧いてこないのが実情ではないでしょうか。 このような場合は、まずはご家族の方が、本サイトで認知行動療法(CBT)の実施方法を勉強して頂き、本人のセラピストとしての役割を果たすのが理想的と言えるでしょう。

英国では認知行動療法(CBT)が心の病の治療の基本

   特に、うつ病に対する認知行動療法(CBT)の研究はかなり進んでおり、その実績も豊富です。 認知行動療法(CBT)先進国の英国では、中程度より軽いうつ病の方でしたら、抗うつ薬を使用することなくCBTのみで治療し、 躁うつ病(双極性障害)患者あるいは重度のうつ病患者のみ抗うつ薬とCBTを併用するというのが治療の基本のようです。 重大な副作用を伴う危険性のある抗うつ薬の使用をできる限り抑制するということは賢明な方法と言えるでしょう。 日本もこれを見習った方が良いでしょう。

認知行動療法(CBT)の特徴

   CBTの特徴は以下の通りです (心理学・認知行動療法(CBT)関連[1])。
   いかがでしょうか? あなた自身がうつ病や不安障害のような精神疾患を抱えていたり、あなたの周りにこのような精神疾患を抱えている友人や家族がいた場合、 CBT を試してみたいと思われたでしょうか? 本サイトでは、認知行動療法(CBT)を詳しく解説し、実用的に応用できるようにして行く予定です。
最終更新日:2011年5月26日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。