脳の機能と心と体の健康Congnitive Behaviour Therapy

読心術思考

読心術思考の強い方は相手が自分に対して否定的な感情を持っていると錯覚し落ち込む
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
タッチゲーム-FollowTheOrder
  

読心術思考とは

   人と会話する時、相手の言葉だけではなく表情や声に注意して、相手の言葉の本当の意味を読もうとする『読心術(Mind-Readiing)思考』を持つのは当然でしょう。 しかし、脳と五感で述べたとおり、感情により錯覚は頻繁に起こります。 読心術思考の強すぎる方は、相手が自分に対して否定的・批判的な感情を持っている、あるいは持つかも知れないと錯覚し、落ち込むことが多いようです。
   あなたが恋人と会話しています。彼(または彼女)の視線が、あなたではなく、あなたの肩越しにどこかを見つめていたり、あるいはあくびをしたりした場合、あなたならどう考えるでしょうか? 読心術思考の強すぎる方であれば、これらの仕草から、『彼は私との会話に退屈しているんだ』、 あるいは『彼はに興味がなく別の人に興味があるんだ』と考え、落ち込んでしまうでしょう。
   また、会社の同僚が、あなたに会っても目をそらし挨拶もしなかった場合、あなたならどう考えるでしょうか? 読心術思考の強すぎる方であれば、『同僚は私を避けている』、あるいは『私は嫌われている』と思い、落ち込んでしまうでしょう。

読心術思考の阻止方法

   相手が考えていることなど誰にもわかりません。 あなたが五感を使って得た情報をもう一度冷静に分析し、以下のような方法で読心術思考をコントロールするのが良いでしょう。
最終更新日:2011年3月16日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。