脳の機能と心と体の健康Congnitive Behaviour Therapy

強要思考

強要思考とは『~べきである』という融通のきかない信念や信条に基づく思考
ダイエット、スキンケアから髪の毛の健康も!
東洋・西洋占星術 タロットカードで無料占い
夢の夢占い 無料姓名判断で読み解く運命
神経衰弱
  

強要思考とは

   信念や信条の中で、『~ねばならない』、『~べきである』、あるいは『~べきではない』という言葉は、極端で厳格であるため、しばしば問題を起こします。 強要思考とは、あなたのこのような融通のきかない信念や信条に基づく思考を意味します。
   世の中の多くの方は、現実に適応して行くため、柔軟な思考を持っています。 強要思考の典型的な例を考えてみましょう。

強要思考の阻止方法

   強要思考の方は、世間の殆どの方が取っているように、思考に柔軟性を持たせる必要があります。 以下のようなテクニックにより、あなたの思考に柔軟性を持たせる努力をするのが良いでしょう。
   余談になりますが、自分の危険もいとわずボランティアで活動するという行為は、 ドーパミンの分泌と、それが作用するニューロンの受容体が関係していると考えられています。 『ボランティアで助けるべきだ』と思うと、 下位脳幹にある中脳でドーパミンが生成され、 これが側坐核を刺激して『やる気』を引き起こします。 そして、背側線条体前頭連合野において、 扁桃体が作り出す不安や恐怖という感情よりも、 『やる気』が上回ると判断されれば行動を起こす、というメカニズムです。
このドーパミンによる報酬反応は、若者が『目新しさ』を求める行為と同じメカニズムであり、特に青年期の男性に強く現れますが、 ストレスによって、あるいは成長するにしたがって弱まります。 『人それぞれ異なるルールに基づいて動いている』というメカニズムの一部は、脳科学でも解明されている事実ですので、是非、認識し、許容してください。
最終更新日:2011年3月18日

  

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。