うつ病の治療が難しい理由

   治療が難しい根本原因は、うつ病が『心』、即ち『脳』の病気だからです。 脳科学が急速に進歩したとはいえ、環境に応じて急速に進化してきた人間の脳の各部分の大まかな機能が解明されつつあるレベルでしかなく、 その根本的な治療法方まで解明されている訳ではありません。
   PET(ポジトロン断層法)やNIRSによる、 うつ病患者の脳の計測結果から、うつ病が脳の代謝や血流障害と大きく関連していることは間違いないでしょう。 脳の代謝とモノアミン系の神経伝達物質であるセロトニンやノル・アドレナリンの量が関連している事実がありますから、 うつ病の原因がモノアミン系の神経伝達物質の不足であるという『モノアミン仮説』も大きくは違わないでしょう。
   しかし、これが、『抗うつ薬を使ってモノアミン系の神経伝達物質の量を増やせばうつ病を治療できる』ことに直結する訳ではありません。 脳はそれほど単純ではなく、脳の特定部分の神経伝達物質の過不足により、症状が異なるのです。
   面白い例をご紹介しましょう。 神経伝達物質であるドーパミンが不足するとパーキンソン病になりますが、 パーキンソン病の代表的な治療法として大脳基底核だいのうきていかく に電気パルス刺激を与える『脳深部刺激療法』があります。 脳深部刺激療法では、刺激する部位により改善される機能に違いがある訳ですが、 わずか数 mm ずれた位置を刺激するとうつ状態が出たり、またわずか数 mm ずれた位置を刺激すると そう状態になることが報告されています。 脳深部刺激療法のメカニズムが完全に解明されている訳ではありませんが、 電気刺激により一時的に神経伝達が妨害されたという仮説(脳関連[8]) が的を得ているように思います。 このため、神経伝達物質が減った時と同じ効果が現れたのでしょう。 だとすれば、薬物療法は脳全体の神経伝達物質の量をコントロールしますから、単にうつ病を治療するだけではなく、多くの副作用を伴うのは当然でしょう。
   このため、うつ病の事例紹介で述べたように、 SSRIやSNRI等の抗うつ薬は、確かにセロトニンやノル・アドレナリンの再取り込みを抑制することにより、神経伝達物質の量を減らさない効果は確認されているようです。 しかしながら、以下のような重大な落とし穴も併せ持ちます。

   さらに、うつ病の事例紹介でも示したように、 複数の抗うつ薬を処方されるのが一般的のようです。 これは、症状が改善されない場合は、薬の種類と量を増やして行く日本独特の『多剤療法』という悪習慣に基づくもので、患者にとっては経済的にも精神的にも負担になっています。 このような医者は医者としての品位も資格もありませんが、残念ながら大多数の医者がこのように品位の無い医者です。 患者自らが勉強し、医者を選択する以外に自分の身を守る方法はありません。 以下の項目の中で、1つでも該当する項目があれば、おかしいと疑った方がいいでしょう(恐らく殆どのメンタルクリニックが該当するはずです)。
   セロトニンやノル・アドレナリンの量を増やすのは、SSRIやSNRI等の抗うつ薬の投与だけではありません。 脳科学で解明されている事実を使用して、自ら良い生活習慣を身に付けることにより、 セロトニンやノル・アドレナリンの分泌量を増やすことがより本質的な治療あるいは予防と言えるでしょう。


表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
Twitter Twitter Facebook Mail

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.92.88。