低い耐欲求不満思考とは

   低い耐欲求不満(Low Frustration Tolerance)思考とは、自分が我慢することができない物事を、直ちに『我慢できない』と片付けてしまう思考です。 欲求不満の耐性が低いため課題への集中力が持続せず、 学習障害(Learning Disorders: LD)や注意欠陥・多動性障害(Attention Deficit / Hyperactivity Disorder: AD/HD)と診断されるケースも多いようです。 幼少期にはこのような特徴が顕著に表れる方も少なくはありませんが、成長に伴い低い耐欲求不満は克服される傾向にあります。 低い耐欲求不満の例を以下に示します。

低い耐欲求不満思考の阻止方法

   低い耐欲求不満を克服するには、家族や友人の協力を得るにしても、最終的にはあなた自身が強い心を養う以外にはありません。 以下のような方法で、徐々にあなたの欲求不満耐性を強化するのが良いでしょう。
   『もう我慢できない』と言葉に出してしまうと、不快感・不安感が増大するばかりか、本来あなたが持っている不快感に立ち向かう能力を低下させてしまいます。 少し頑張れば立ち向かえることであったとしても、あなたが『我慢できない』と思ってしまうことにより、圧倒されてしまい何もできなくなってしまいます。 少しずつ勇気を奮って取り組んで行きましょう。


表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
Twitter Twitter Facebook Mail

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.92.88。