全般性不安障害とは

   全般性不安障害(Generalized Anxiety Disorder: GAD)とは、 天災・事故や病気など、特定の理由ではない不安や恐怖が長期間続き、日常生活に支障をきたすような不安障害です。 症状としては、倦怠感、動悸、頭痛、震え・吐き気・めまい・不眠など、一般的な不安症と同じです。
恐怖症は、特定の対象に不安や恐怖を抱きますが、 全般性不安障害は不安や恐怖を抱く対象が明確ではありません。 不安や恐怖を抱く対象が漠然としていますので、恐怖症に比較すると治療が厄介ですが、 治療法は、一般的な不安障害の予防法・治療法と同じです。
発症は10代半ばが多く、全人口の5%以上が経験すると報告されています。


表示形式: モバイル | 標準(PC・Tablet)
運営会社情報 | プライバシー・ポリシー
Twitter Twitter Facebook Mail

* 無断転載禁止。
* どのページでもご自由にリンクして下さい。
* ご意見・ご質問等がございましたら こちらからメールをご送付下さい。 無料SEO対策 -153.121.92.88。